看取りステーション埼玉
日本看取り士会 埼玉研修室

看取り士のご依頼

最期のその時、あなたに不安はありませんか?

看取り士が
もう1人の家族として寄り添い、
旅立つ人と家族がともに
「望ましい最期」だったと
実感できる看取りをサポートします。

看取り士サービス内容

自宅で旅立つためのご相談

「住み慣れた自宅やご希望する場所で、自然な最期を迎えたい」。
その気持ちを最大限叶えるための相談にのります。医療施設やケアマネージャーといった関係各所との打ち合わせも行います。

24時間体制でのサポート

「望ましい最期」を迎えるまでの日々を悔いなく、精神的に充足して暮らすことができるよう、気持ちに寄り添ってサポートいたします。無償ボランティア「エンゼルチーム」もご利用いただけます。

看取りの作法をご家族にお伝え

死に対する恐怖、抵抗感や疑問、不安や悲しみを包み込み、旅立つ人のエネルギーを受け取って、残された人の心に生き続ける「幸せな看取り」を行うための作法や礼儀、心構えをお伝えいたします。

ご臨終の立ち会い

旅立ちのタイミングは大きな不安やストレスがかかります。看取り士が立ち会うことで、旅立つ人と呼吸を合わせ、触れて、抱きしめることで「命のバトン」を受け渡す看取りをサポートいたします。

ご利用者様の声

K.Mさん、卵巣がんのため37歳で死去

夫 K.Sさん(43歳)

はじめて臨終に立ち会いましたが、一番近くで体験した今、死はもう怖くないです。妻がずっとそばにいるような気がします。手脚は冷たくなっても、背中は3時間半ほど温かかった。最後はとても穏やかで、看取り士さんたちのおかげで、満点の看取りができました。

66歳の誕生日、がんの転移発見

Y.Mさん(当時65歳)

たくさんの方が集まってきてくれて、世話を焼いてくれるなんて、僕はなんて幸せ者だろうと。全部すべきことはした。今は死ぬのにちょうどいい。看取り士はもう一人の家族だね。僕は自分がやりたいことを妻に全部受け入れてもらえて、とても幸せに締めくくれるよ。

88歳祖父の死に「おめでとう」と言う孫

仲が良かった孫のAさん(15歳)

祖父は多くの人に触れてもらい、笑顔で声をかけてもらえて幸せだったと思います。「死は悲しくて怖いもの」と言うイメージがありましたけど、悲しいだけじゃない。人生をまっとうしたという点では「お疲れ様」出し、人生の卒業式なら「おめでとう」だと思う。

看取りステーション埼玉は
シニアライフ相談サロンと業務提携しています

シニアライフ相談サロンとは、埼玉県鶴ヶ島市・坂戸市の東武東上線若葉駅を中心に、将来の介護や終活のお悩み、相続や葬儀・お墓の悩みまで「どこに相談したらいいかわからない」に寄り添う相談サロンです。

漠然としたお悩みでも大丈夫です。まずはお気軽にお問い合わせください。

左の画像はクリックで拡大できます

看取りステーション埼玉は
シニアライフ相談サロンと
業務提携しています

画像をクリックで拡大できます

シニアライフ相談サロンとは、埼玉県鶴ヶ島市・坂戸市の東武東上線若葉駅を中心に、将来の介護や就活のお悩み、相続や葬儀・お墓の悩みまで「どこに相談したらいいかわからない」に寄り添う相談サロンです。

漠然としたお悩みでも大丈夫です。まずはお気軽にお問い合わせください。

よくあるご質問

看取り士の利用料金は独自サービスですので、保険外となります。金銭面のご負担を少なくするために、まずは介護保険、医療保険の枠を目一杯ご利用いただいた上で、適切な時間帯や利用時間をケアマネーシャーさんと調整し、一緒に計画を立てていくようにしております。また、生命保険の「リビング・ニーズ特約」もご利用いただくケースもございます。

ご依頼があればどこにでも伺い、対応いたします。

ご契約後は24時間いつでもお呼びください。いつでも駆けつけます。

お問い合わせ

お申し込みほか、ご不明な点など
お気軽にお問い合わせください。